自分でタトゥーを入れることができるのでしょうか


彼女の名前や、好きな言葉などを、自分で入れている人がたまにいます。
こうした、自分で入れるタトゥーは、チクチク彫り、悪戯彫り、自彫り、いたずら彫りなどと呼ばれています。

自分でタトゥーを入れる方法はいくつかあるみたいですが、あるプロの彫り師が解説している方法を紹介すると。
まず、墨は墨汁は使用せず、自分で墨をトロトロになるくらいまで刷ります。
針は市販の針でも可能で、3~5本以上束ね、先端を合わせて糸でしっかり固定します。

刷った墨を先端に付け、肌をしっかり張り、45度の角度で1.5ミリの深さで、肌に穴をあけて行くような感じでこまめに墨を針先に補充しながら、肌に穴を開けて行きます。

これ以外、電動で針を振動させる、タトゥーマシンも市販されています。
これは、歯科医が使う電動ドリルのようなものに何本か針が付いていて、磁力やモーターの回転運動で針が高速で上下する仕組みです。

ただし、やはり素人による方法なので、やってみるとうまく描けず、崩れた文字になったり、奇妙な絵柄になってしまうことも多いようです。
必要以上に肌に穴を開けると、肌が傷んでしまって深刻な肌のトラブルが生じる恐れもあります。

また、自分でタトゥーを入れる際は、事前に決してアルコールを飲んではいけません。
アルコールは血を薄くすることから、アルコールを飲んだすぐ後にタトゥーを入れると、彫っている間にひどい出血が起こる恐れがあります。
これ以外にも、体に入った墨を再度押し返してしまい、タトゥーが薄くなる可能性もあります。

アルコールの影響で衝動的にタトゥーを入れてしまったのなら、後悔することになるかもしれません。
タトゥーを入れる行為は、酒が与える勇気とは関係ないのです。

プロの入れ墨師も、明らかにアルコールの影響を受けている人に対してはタトゥーを入れることは断るものです。

専門の彫り士ではなく自分で入れたタトゥーの場合、比較的浅いところに入っているのでレーザー治療で除去しやすいと言われています。
ただし、除去しやすいからといって、安易に自分で入れるのはやめたほうが良いでしょう。

タトゥー・刺青除去で有名な美容外科・クリニック

第1位

中央クリニック

評判が高い理由

中央クリニックはタトゥー除去に関する豊富な知識と高い技術を持っており、どんなタイプのタトゥーでも除去できるよう、常に最新の医療器具を取り揃えています。また、丁寧なカウンセリングが持ち味で、治療回数や期間、料金に関することでも親身に相談に乗ってくれます。仕上がりも美しく、もしタトゥー除去をお考えの場合には、まず第一に考えたいクリニックです。

詳細を見る

第2位

城本クリニック

評判が高い理由

城本クリニックはテレビでCMをやっているので、名前をご存知の方も多いと思います。レーザー治療、切除手術ともに対応しており、とくに切除手術の評価が高いです。術後のアフターケアも丁寧で、少しでも早くタトゥーを除去してしまいたいという方におすすめのクリニックとなっています。

詳細を見る

第3位

共立美容外科

評判が高い理由

共立美容外科はレーザーでのタトゥー除去を得意としており、どんな色のタトゥーでも綺麗に除去してくれると評判です。また、経験豊富な医師が多数在籍しており、そういった意味でも安心して治療を受けることができるでしょう。ただし、費用は他に比べて若干高めなので、そこには注意が必要です。

詳細を見る