刺青による就職への影響は


日本は、まだまだ刺青を入れている人は、本人の思想に関わらず、反社会的なイメージを持たれてしまい、就職の際も、刺青があるだけで不採用になるケースが多いものです。

ITベンチャーやアパレル企業など自由な社風の企業も増え、刺青、タトゥーに寛容な企業もあるのは事実です。
それでも、上場企業など大手企業の場合、刺青があることは就職の際に大きなハンデになってしまいます。

ただ、採用する側からすれば、刺青があることだけを理由に不採用とできるのでしょうか?

採用の段階だと、広く企業サイドの自由が認められていることから、性別や出身地などの差別的な理由でない限り、刺青があることを理由とした不採用は法的には問題ありません。

ただ、内定後は、法的には労働契約が成立したことになり、内定の取り消しは解雇と同じとされ、たとえ入社の前でも内定取り消しは難しくなります。
このため企業側も、刺青を入れた人の採用ができないのなら、内定前にきちんとチェックする必要があります。

採用後に刺青があることが発覚したのなら、ただちに解雇するのではなく、長袖のシャツで隠すか、営業など社外の人と接することがない内勤の仕事に配属するなど、業務に支障のない形で仕事できるように指導するのが一つの方法です。

どうしても解雇しなければいけない場合、それなりの理由が必要となります。
刺青禁止と明確に社内規定で定めているのなら解雇の理由となりますが、ただ印象が悪い、と言うだけなら、解雇の理由としては弱くなります。

ただし、顧客から刺青を入れていることに対するクレームがあった、とか、刺青を理由に取引を断られ、会社の信用を失墜させた、など、業務上、具体的に支障をきたしていることが明確なら、解雇の対象となります。

刺青を理由とした就職後のトラブルを避けるため、応募する側も採用する側も、ある程度の心がけが必要となるのです。

やはり公務員や大手企業、接客、営業関連の職種は刺青あると就職に不利なことが多いのですが、一方で、ファッション関係や建設、土木、運送業関係、漁業などは刺青があっても比較的就職しやすいようです。

タトゥー・刺青除去で有名な美容外科・クリニック

第1位

中央クリニック

評判が高い理由

中央クリニックはタトゥー除去に関する豊富な知識と高い技術を持っており、どんなタイプのタトゥーでも除去できるよう、常に最新の医療器具を取り揃えています。また、丁寧なカウンセリングが持ち味で、治療回数や期間、料金に関することでも親身に相談に乗ってくれます。仕上がりも美しく、もしタトゥー除去をお考えの場合には、まず第一に考えたいクリニックです。

詳細を見る

第2位

城本クリニック

評判が高い理由

城本クリニックはテレビでCMをやっているので、名前をご存知の方も多いと思います。レーザー治療、切除手術ともに対応しており、とくに切除手術の評価が高いです。術後のアフターケアも丁寧で、少しでも早くタトゥーを除去してしまいたいという方におすすめのクリニックとなっています。

詳細を見る

第3位

共立美容外科

評判が高い理由

共立美容外科はレーザーでのタトゥー除去を得意としており、どんな色のタトゥーでも綺麗に除去してくれると評判です。また、経験豊富な医師が多数在籍しており、そういった意味でも安心して治療を受けることができるでしょう。ただし、費用は他に比べて若干高めなので、そこには注意が必要です。

詳細を見る